ライチョウの親子


7月に会いに行ったライチョウの親子です。
鳥見を始めた頃、白いライチョウには会いに行ったことがありますが、親子連れはまだ見たことがありません。一度行ってみたいと思っていました。可愛いヒヨコのヒナを連れたお母さんに会うことができました♪嬉しかったぁ・・・
ra1.jpg
元気いっぱい!自由に歩き回る雛の後をクゥ~クゥ~鳴きながら見守っていたお母さん
rai4.jpg
小さな羽をバタバタ!
ra4.jpg
葉っぱを食べるお母さん
rai5.jpg
黄色とこげ茶のトラ模様が綺麗です♪
ra7.jpg
葉っぱの中にチョコン。。。
ra.jpg
坂道を下りるとき、おんぶしてもらっていました^m^
rai8.jpg
お休み中。。若いオス?かな??

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

tag : ライチョウ D4s D500

コメント

非公開コメント

こんばんは。

可愛い~(^^♪
無事に育って欲しいですね。

温暖化のせいで猿がライチョウのいるエリアまで登ってるそうですね。
そのせいで無警戒なライチョウは食べられて絶滅に瀕してるとか。
イヌワシなんかにも狙われるようだし、益々、減っていってしまいますね。
ライチョウ生息域外保全事業とかいうプロジェクトをやってるようですが、成果はあるんでしょうかねえ。

いなくなる前に見られて良かったですね。
雛が茶色系なのはカモフラージュされているんでしょうね。

No title

ゆきりんさん、こんにちは。
どの鳥も親子連れは見ていて癒されますが、このライチョウの親子も良い場面を沢山撮らせてくれましたね!
雛が2羽で羽ばたきする場面や、親におんぶされている場面が好きです。
2枚目の親子ツーショットも背景の白い花が良いアクセントになっていますね。

こんばんは

Somenさんへ
温暖化の影響は深刻ですね。猿もそうですが気温があがると
他にも影響がありそうです。
いつまでも親子連れが見られるように保護しようとする試みは
大切だと思います。
ライチョウだけでなく地球の生き物たちにとって、この先良いことはなさそうですね。

miyaさんへ
そうなんです。到着した日は遠くて豆粒でしたが、翌日はすぐそばを歩いていて
登山客の人も立ち止まり、ライチョウフィーバーでした。
おんぶは一回だけしてくれました。
お花の所に行ってほしいと祈っていたら、少しだけ行ってくれました。
可愛い親子に会えてよかったです。

QRコード

QR
プロフィール

ゆきりん

Author:ゆきりん
ようこそ♪鳥ごよみへ
鳥見歴:26年
一番好きな野鳥:サンコウチョウ
平日の休みは一人で近場フィールドに、
週末は主人(で~すけ君)と二人で遠征することもあります。
私はデジスコ(TSN884+RX100)とD500、主人はニコンD4s800ミリで撮影しています。

ブログランキング
見ていただき、ありがとうございます。 応援のポチ♪よろしくお願いします(*^_^*)
最新記事
最新コメント
野鳥も人も地球の仲間
サントリーの愛鳥活動
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる